おまとめローンできれいに一本化する

複数の借り入れをおまとめローンで負担を軽くしてみた

おまとめ

借り入れをする時には、返済計画が重要だと知りました。副業が原因で複数社から借り入れをすることになりました。複数の消費者金融からの借り入れで総額は200万円以上を借りることができたのです。そのときには、総量規制がなかったので年収の3分の1以上でも借り入れをすることができました。それが、仇となって借り入れの総額がどんどん増えていったのです。

 

最初の1社目では、10万円ほどの借り入れ限度額でした。2社目、3社目となるにつれて限度額も大きくなり、引き出すことにも借り入れをすることにも全く抵抗がなくなりました。そして、借りたお金が自分のものであると錯覚するようになったのです。そんなときに、消費者金融を利用した1社目から電話がありました。

 

内容をきいてみるとおまとめローンをしないかという提案でした。複数の借り入れをまとめることで月々の負担が軽くなると説明を受けたときには、そのようがサービスがあると初めて知ったのです。そして、金利も安くなるので返済合計金額も減るのが魅力的でした。悩んでいる余裕がなかったのですぐに返事を返しました。現状を把握するために、借入件数と残りの借り入れの残額を紙にまとめていくことになりました。担当者と会ってから、いくつかの質疑応答が繰り広がれたのです。

 

後日、無事におまとめローンが使えることを通知され、その次の月からの返済は、一回で1社に行えばいいので本当に助かりました。どうしようもない状況は抜け出すことができたのです

しっかりチェックして利用する

おまとめ

最初は軽い気持ちで借りていたお金も、いつしか膨れ上がり返済に追われる身となってしまいました。とにかく複数の業者から借りていたことが、私を苦しめていたのです。いつまでにいくら用意すればよいのか、それを把握するだけでも大変でした。毎月きちんとスケジュール帳に返済日をチェックしておきましたが、うっかり忘れてしまうこともあって、業者からの信頼を失うこともありました。

 

そんな私の状況を救ってくれたのが、おまとめローンです。これのおかげでお金をいつまでにいくら用意すればよいのか、ということがはっきりわかり、また返済も毎月1回ですから忘れる心配もありません。おまとめローンの業者を選ぶ際に気を付けたことは、保証人の有り無し・上限金利・返済期間です。最近は保証人がいなくても借りられる業者が多いですが、場合によっては必要となるケースもあります。

 

私は家族にも内緒で借り入れしていたので、頼りたくありません。そこで保証人がいなくても利用できるところを選んでいきました。そして上限金利の低いところ、自分が返済できる期間で借り入れすることができるのか、という点をしっかりとチェックして選んでいったのです。チェックしてみると返済期間も業者によってばらばらで、きちんとチェックしておいてよかったなと思いました。おまとめローンというとどこでも利用すれば楽になるのかな、と思っていたのですが、選び方次第で状況が大きく変わることがわかりました。